1時間のレッスン内容に関して☆

Hello! Pure English の荻島です。
最近1時間のレッスン内容に関してお問い合わせがありましたので、こちらでもご説明させていただきます♪

現在日本の学校英語教育では、スピーキング力、リスニング力が足りません。英会話特有のフレーズやニュアンスの違いなども学べないのが現状です。

私は、日本に来て英会話を4年、幼稚園児から成人、企業の方々に教えています。正しい発音でのスピーキングにおいては、小学生の吸収力は素晴らしいです。いくら大学を出て、文法や単語力があっても正しい発音を身につけていないと通じません。

英会話にも中学1〜3年生くらいの文法は必須です。Pure Englishの1時間レッスンでは中学校1〜3年生くらいの文法が前後しながら、会話の中で自然と身につける形となります。

こどもは「話す」や「聞く」から「読む」、その次に「書く」の順番で英語を覚えるようになります。ですから、英語をマスターするには文法英語と英会話、どちらもバランスよく学ぶ必要があると思っております。

その日のトピックに沿ったプリントや、お子様それぞれのレベルに合った質問・回答・復唱などで文法、フレーズ、ニュアンスのレベルアップを目指します。レッスン以外の時間でも質問・回答・復唱はやりますが、ゲームなどをしながら単語力を養います。子供たちが互いに刺激し合いながら楽しくレベルアップしていくでしょう。

Pure Englishに通ってらっしゃるお子様には、2〜3年英会話スクールに通っていたお子様たちもいます。このアフタースクールを始める前に2年間私のクラスで教えてきた小学校2年生のお子様は、正しい発音で中学校1年生で習う文法を使って会話ができます。ゲームなどで遊びながら単語力も付いてきました。

オーストラリア育ちの日本人の友人もいますが、全員が日本語を喋れる訳ではありません。私はニュージーランド、オーストラリアの現地校で友達から英語・英会話を学び、週末は日本人補習校で日本語を学びました。補習校に行く迄は、「なぜ自分だけが日本語を勉強しないといけないのか?」わかりませんでした(両親が日本人なので当然喋ってはいたのですが)。今思えば、補習校で他の子供たちと自然な環境の中で日本語を勉強する事がやっぱり一番効果的でした。

英語が何かも解らないお子様には「勉強」ではなく楽しみながら自然な形で発音重視で英語に触れて行く事が大事だと思っています。文法も1時間レッスン以外の時間の中でも自然と覚え、身に付きます☆

とても長くなりました!
質問等あればお気軽にお問合せください♪

コメントは利用できません。

お問い合わせ・資料請求はこちら

Copyright 2021 八王子の英会話放課後スクール|Pure English